ゴミ箱から削除してしまったファイル、フォルダを復元できるフリーソフトDataRecoveryについて

ゴミ箱から削除してしまったファイル、フォルダを復元できるフリーソフトDataRecoveryについて

DataRecoveryというフリーソフトを利用すると、ゴミ箱から削除してしまったファイルやフォルダを検索し、元に戻すことができます。

通常、ゴミ箱から削除してしまったファイルは元に戻すことができないのですが、DataRecoveryは削除されて見えなくなったファイルやフォルダを検索することができます。

インストールが不要で、プログラム以外のファイルも必要としないので、非常に手軽に使うことができます。

ダウンロードはVectorや、開発者のページなどから行うことが可能です。

使い方はいたって簡単。ダウンロードしたファイル(DataRecovery.lzh)を解凍ソフトで解凍した後、作成されたフォルダ内にある、DataRecovery.exeを実行すると、インストール作業無しでプログラムが起動します。

削除してしまったファイルを検索するには、画面左側のドライブを選択して、スキャンボタンを押すだけです。

スキャン後に見つかった削除済みファイルの一覧が表示されます。空クラスタスキャンをするかどうかを聞かれるので、一覧リストに目的のファイルが無い場合には、OKでスキャンをすると見つかるかもしれません。

ファイルがたくさん表示されて、目的のファイルを探すのが大変な場合には、ファイル名に使われている文字を、「ファイル名の文字列」に入力してスキャンすると、候補を絞ることができます。入力文字は一部分でも大丈夫です。

ファイルの復元は、復元したいファイルをリストから選択して、リカバリボタンを押すと、保存先を聞かれるので、ファイルを復元する場所を指定してOKを押すと復元が始まります。

一度に複数のファイルを復元したい場合には、CtrlやShiftを押しながらリスト上で、複数選択することもできます。

ファイルの復元時には、復元元のドライブとは別の場所を選ぶことをお勧めします。というのも、Windowsはファイルが消された領域を好き勝手に上書きしてしまいます。ですから、復元する場合には、より早く、かつ他のドライブに保存が鉄則です。

100%復元できる訳ではありませんが、ゴミ箱からも削除してしまったファイルを元に戻したい場合には、試してみる価値があるフリーソフトです。

ちなみに、DataRecoveryを初回起動・終了後に「JWord」プラグインをインストールするか尋ねるダイアログが開きますが、必要に応じて、インストールするなり、しないなり選択してください。ちなみに私はインストールしていません。