パソコンがウィルスに感染したときの対応について

パソコンがウィルスに感染したときの対応について

パソコンでウィルス対策をしていても、場合によっては、ウィルスに感染していしまう場合があります。

例えば、
・フリーソフトをインストールしてみた
・怪しいサイトを見ていた
・見知らぬ人からのメールの添付ファイルを開いてしまった
・ファイル交換ソフトでダウンロードしたファイルを実行してしまった。
などなど、、、

ウィルスソフトが対応仕切れていない新種のウィルスなど、ウィルスソフトでは対応しきれない場合もままあります。

身に覚えの無いメール送信履歴がある、動作が極端に不安定になった・・・、そんなときには、とりあえず、ネットワークの接続を切って、ウィルス対策ソフトで、お持ちのパソコンの完全スキャンをしましょう。

ネットワークの接続をきるのは、情報の流出を防ぐだけでなく、同じネットワーク上にある他のパソコンへの二次感染を防ぐなどの理由がありますので、何よりも先に行ってください。

ネットワークの接続を切るには、LANケーブルがつながっているのであれば、LANケーブル自体を外してしまいましょう。

無線LANを利用している場合には、パソコンについている無線LANや、無線LANアクセスポイントの電源などを切ったり、アクセスポイントがつながっているLANケーブルや電話線などを外してしまうなどの方法が確実です。

ウィルス対策ソフトの完全スキャンでウィルスが発見されたら、駆除・削除が可能であれば、駆除なり削除なりを行ってください。

どうしてもウィルスが除去できない場合には、OSの再インストールなどの手段が必要になってしまいます。

こうならないためにも、怪しいサイト、不審なファイル、見知らぬ人からのメールなどは極力近づかないようにしましょう。

また、Windows Update、ウィルス対策ソフト、ファイヤーウォール、可能であればインターネットとの間にルーターを入れるなど、多少の手間をかけてでも可能な限りの対策をしておいて損はありません。

フリーのウィルス対策ソフトでは不安という場合には、ウィルスバスターやノートンアンチウィルス、インターネットセキュリティーなどの有料のウィルス対策ソフトの導入も検討して見てください。