Windowsの便利なショートカットキーについて(ファイル・フォルダ操作編)

Windowsの便利なショートカットキーについて(ファイル・フォルダ操作編)

Windowsのエクスプローラ(フォルダ)上で使えるファイル・フォルダ操作に関する便利なショートカットキーをピックアップしてみました。

・ファイル・フォルダのコピー・・・Ctrl + C
現在選択しているファイル・フォルダをクリップボードにコピーします。
複数のファイル・フォルダを選択していると、選択されている全てのファイル・フォルダがコピーされます。

・ファイル・フォルダの貼り付け・・・Ctrl + V
クリップボードにコピーしたファイル・フォルダを、現在アクティブな(最後にクリックした)フォルダに貼り付けます。
デスクトップがアクティブな場合には、デスクトップに貼り付けられます。
ファイルの貼り付けは、一部のメールソフトなどでは、ファイルの添付ができるようになります。

・ファイル・フォルダの切り取り・・・Ctrl + X
現在選択しているファイル・フォルダをクリップボードにコピーします。
これらのファイル・フォルダが別のフォルダに貼り付けられると、元あった場所からは削除されます。(ファイル・フォルダの移動になります)

・ファイル・フォルダ名の変更・・・F2キー
現在選択しているファイル・フォルダの名前を変更することができます。

・ファイル・フォルダの削除・・・Deleteキー
現在選択しているファイル・フォルダをごみ箱に移動します。

・ファイル・フォルダの完全な削除・・・Shift + Deleteキー
現在選択しているファイル・フォルダをごみ箱を経由せずに削除します。
ごみ箱から復元できなくなるので、利用するときにはご注意ください。

・ファイル・フォルダの選択・・・任意のキー
キーボードで任意のキーを押すと、現在アクティブなフォルダにあるファイル・フォルダ名の先頭から一致するものをすばやく選択することができます。
たとえばaのキーを押すと、フォルダ中のaで始まるファイル・フォルダのうち、最初に表示されているファイル・フォルダが選択されます。
間隔を置かずにキーを入力し続けることで、2文字目、3文字目のファイル・フォルダ名を指定することができます。

また、ショートカットキーでは無いですが、覚えておくと便利になるマウス操作をご紹介します。

・Ctrlキーを押しながらファイル・フォルダをドラッグ&ドロップ
ドラッグ元からドラッグ先にファイルをコピーします。

・Shiftキーを押しながらファイル・フォルダをドラッグ&ドロップ
ドラッグ元からドラッグ先にファイルを移動します。

・CtrlキーとShiftキーを押しながら、ファイル・フォルダをドラッグ&ドロップ
ドラッグ元のファイルへのショートカットを、ドラッグ先に作成します。

Windows上でのファイル・フォルダのドラッグ&ドロップは、ドラッグ元とドラッグ先が、同一ドライブ間であれば移動、別ドライブ間であればコピーになります。
Ctrl+ドラッグ&ドロップ、および、Shift+ドラッグ&ドロップの操作を覚えておくと、ドラッグ元とドラッグ先を意識する必要がなくなるので、非常に便利です。

是非ご活用ください。

【参考】
ショートカットキーとは、頻繁に行う操作を、キーボードで数個のキーを押すだけでできる実現する機能のことです。
「Ctrl + ○」はCtrl(コントロール)キーを押しながら「○」のキーを押すことを表します。
「Alt + ○」はAlt(オルタネーティブ)キーを押しながら「○」のキーを押すことを表します。
「Shift + ○」はShift(シフト)キーを押しながら「○」のキーを押すことを表します。


pc_qq at 22:31│clip!初心者 | 便利な使い方