Internet Explorerの便利なショートカットキーについて(ネットサーフィン編)

Internet Explorerの便利なショートカットキーについて(ネットサーフィン編)

Internet Explorerのショートカットキーをいくつか知っているだけで、ネットサーフィンが非常に快適になります。便利なショートカットキーをいくつかピックアップしてみました。

・ページを下方向にスクロール・・・スペースキー
現在のウェブページを下方向にスクロールします。↓キーでも同じように動作します。Scroll Downキーを押すと、大きく下方向にスクロールします。

・ページを上方向にスクロール・・・Shift + スペースキー
現在のウェブページを上方向にスクロールします。↑キーでも同じように動作します。Scroll Upキーを押すと、大きく上方向にスクロールします。

・前のページの戻る・・・Alt + ←(左矢印)
ブラウザの「戻る」ボタンと同じ動作をします。BackSpaceキーだけでも同じように動作します。

・次のページに進む・・・Alt + →(右矢印)
ブラウザの「進む」ボタンと同じ動作をします。

・ページの更新・・・F5キー
現在表示しているページを再表示します。Ctrl + Rでも同じように動作します。

・現在のページを新しいウィンドウを開く・・・Ctrl + N
現在表示しているページを別のウィンドウで開きます。とりあえず、現在のページを残したまま、別のページに移動したいときに便利です。

・新しいタブを開く・・・Ctrl + T
Internet Explorer 7以降では、新しくタブを開くことができます。

・ページ内の検索・・・Ctrl + F
現在表示しているページの中から、入力した文字を探すためのダイアログが開きます。F3キーだけでも同じように動作します。

・ウェブページを閉じる・・・Ctrl + W
現在表示しているページのタブを閉じます。1つのページしか表示していない場合には、Internet Explorerが終了します。

・ページの先頭に移動・・・Homeキー
現在のウェブページの先頭にスクロールします。

・ページの末尾に移動・・・Endキー
現在のウェブページの末尾にスクロールします。

また、ショートカットキーでは無いですが、下の2つを覚えておくとリンク集などのページを見るときに、とても便利です。

・リンク先を新しいウィンドウで開く・・・Shiftキー + リンククリック

・リンク先を新しいタブで開く・・・Ctrlキー + リンククリック

それぞれ、リンクを右クリックしたときにメニューとして表示されるのですが、これらを利用するとクリック時に押しておくだけで新しいウィンドウやタブでリンク先を開いてくれるので、とても快適です。


インターネット - livedoor Blog 共通テーマ