Windowsの便利なショートカットキーについて(文書編集編)

Windowsの便利なショートカットキーについて(文書編集編)

Windowsで文書編集をしているときに覚えておくと便利なショートカットキーをピックアップしてみました。

・コピー・・・Ctrl + C
選択範囲の文字をクリップボードにコピーします。Word等では、図や表もコピーされます。

・貼り付け(ペースト)・・・Ctrl + V
クリップボードにコピーされている文字を、現在カーソルがある場所に貼り付けます。Word等では、図や表も貼り付けられます。
貼り付ける際に、文字を選択していると、その文字が消されて、貼り付けた内容で上書きされます。

・切り取り(カット)・・・Ctrl + X
コピーと同じように選択範囲の文字をクリップボードに保持しますが、コピーした範囲の文字などを本文からは削除します。
貼り付けと組み合わせて、一定の範囲を移動させたいときに活用できます。

・全て選択・・・Ctrl + A
全ての文字を選択します。全部をコピーしたい場合や、全部を削除したい場合など、他の操作を組み合わせることが多いです。

・元に戻す・・・Ctrl + Z
間違えて必要な文章を消してしまった、などの場合に、操作を元に戻すことができます。元に戻す操作が何回できるかは、使っているアプリケーションに依存しています。
一部のテキストエディタなどは、何回まで、元に戻せるようにしておくかを設定できるものもあります。

・やり直し・・・Ctrl + Y
「元に戻す」操作を取り消すことができます。Ctrl + Z、Ctrl + Yを交互に使うことで、編集前後の比較が簡単にできます。

・上書き保存・・・Ctrl + S
現在の内容でファイルを上書き保存します。長い文章を書くときは、万一に備えて、定期的にCtrl + Sを押して、作業状態を保存しておきましょう。

・印刷・・・Ctrl + P
文書を印刷するためのショートカットです。

・検索・・・Ctrl + F
特定の単語、文字を検索するためのダイアログが開きます。

・再検索・・・F3
前回の検索条件で、再度検索をすることができます。アプリケーションによっては、Shift + F3で逆方向に(下から上に向かって)検索することができるものもあります。

・ヘルプの表示・・・F1
ヘルプがある場合にはヘルプが表示されます。

一般的な文書編集のソフト(Microsoft Office、メモ帳、各種テキストエディタ:TeraPad、EmEditor等々)では、ほとんど共通なので、是非覚えて活用してみてください。
また、文書編集のソフト以外でも、ウェブページのテキストエリアなど、テキストを入力できる場所では、共通のショートカットも多いです。



Windows - livedoor Blog 共通テーマ

pc_qq at 22:33│clip!初心者 | 便利な使い方