Windowsの便利なショートカットキー(エクスプローラー、ウィンドウ操作編)

Windowsの便利なショートカットキー(エクスプローラー、ウィンドウ操作編)

Windowsの主にウィンドウ(プログラム)を開いたり閉じたりするウィンドウ操作に関係のありそうなショートカットキーのうち、独断と偏見でよく利用するものをピックアップしてみました。

・デスクトップの表示・・・Win + D
デスクトップ上の全てのウィンドウを一時的に非表示にして、デスクトップのアイコンが表示されるようになります。
ほぼ同じ機能を実現するために、すべてのウィンドウを最小化(Win + M)というショートカットキーも存在します。

・ウィンドウの切り替え・・・Alt + Tab
複数のウィンドウが開いているときに、どのウィンドウをアクティブにするか選択することができます。
Altキーを押しながら、複数回Tabキーを押すことで、次々と別のウィンドウを選択することができます。
選択したいウィンドウを過ぎてしまった場合には、Alt + Shift + Tabで逆周りにウィンドウを選択することもできます。

・エクスプローラーの起動・・・Win + E
エクスプローラーを起動して、マイコンピュータが開きます。

・ファイルまたはフォルダの検索・・・Win + F(F3のみでも同じ)
ファイルまたはフォルダの検索をするためのウィンドウが開きます。

・作業中のプログラムの終了・・・Alt + F4
作業中のプログラムを終了します。一般的なアプリケーションであれば、編集しているファイルの内容を保存するか尋ねられますが、場合によってはそのまま終了してしまいますので、使い方には気をつけたほうが良いかもしれません。


Windows全般 - livedoor Blog 共通テーマ

pc_qq at 23:41│clip!初心者 | 便利な使い方